住宅ローン・リフォームローンについて

PR:住宅ローン借り換えするなら『借り換え本舗』

金融機関に勤務しています。タイトルは住宅ローンの中のリフォームローンと解して説明させていただきます。リフォームローン申し込み時の留意点は以下のとおりです。

1.使途-一般に増改築リフォームですが、太陽光発電や省エネガスシステムといったエコ関連、庭の造園や土塀・車庫工事、インテリアや家具購入に使えます。また、一般的に知られていませんが他行の借り替えにも使えます。

2.担保-無担保と有担保があります。各金融機関で基準の相違はありますが、無担保で借入額10万円から1,000万円、借入期間6ヶ月~15年、金利2~5%。有担保(当該物件に抵当権を設定する)で借入額200万円~1億円、借入期間2年から35年、金利0.7~2.5%程度です。無担保と有担保の選択は経済的には、担保設定費用等がかかるかかからないかという点、審査に時間がかかるかかからないかという点ですので、金額的に数百万円で借入期間も数年以内なら無担保がお-勧めと言えます。

3.借入対象-個人なら事業主でも給与所得者でも可です。給与所得者は勤続1年以上から条件さえあえば取り扱いできます。

4.対象物件-住宅が条件です。

5.①その他条件の厳しい方について-年収や勤務年数等条件的に厳しい場合でも、保証会社が了承すればローンは借りられます。その際「自分は収入はないが、同居予定の両親には収入がある。」若しくは「嫁がパートに出る予定」、「両親には預金・資産がある。」等相手がポジティブに考えられる要素を与えると窓口担当者の能力にもよりますが、保証会社の承諾が得られることがあります。この際注意すべき点は、借入は地方銀行にするようにしてください。信金信組の保証会社は一般に「全国保証」という会社で融通がききません。都市銀行は保証会社ではなく窓口の基準が厳しいです。それに対して地方銀行は窓口が前向きで、保証会社は通常自分の関連会社であることが多いですので交渉の余地がかなりあります。難しいと言われたらあきらめないで交渉してみるのも手です。
②その他(続き)-リフォームローンに限ったことではありませんがテクニック的な部分で、他行で謝絶された場合個人の信用履歴に残ります。2行以上断られると審査に入る前に謝絶になる場合があります。条件の厳しいと思われる方は、最初から上記周到にした方が良いと言えます。

<広告>
住宅リフォーム総合情報無料相互リンクオーディオ工務店向け集客ノウハウ驚愕頭部GetMoney内職 アルバイト主婦の在宅ワーク相互リンク募集貯蓄お家の見直ししま専科FXシストレ比較英語上達の秘訣マッサージのリアル口コミ.comクレジットカードの即日発行じゃけん